PMSに効くサプリランキング

 

PMSとはなにか

 

月経には様々なトラブルがつきものです。一定の周期で毎月月経が起こるのですが、その度に身体の不調はもちろんのこと精神的な不調なども起こるのです。最近月経前に起こる不調でよく名前を聞くようになったのが月経前症候群ではないでしょうか。月経前症候群と聞いてピンとこなくともPMSと聞くと知っているという女性も多いでしょう。

 

PMSは月経が開始する2週間前ぐらいから起こるものであり、これは月経前にPMSの症状に関係している女性ホルモンであり、黄体ホルモンの分泌が高まる為です。肌トラブルやむくみ、過食、身体のだるさ、いらいらなど体力的にも精神的にも様々なトラブルが起こります。人によっては複数の症状が重なって出て来る場合もあるので月経前はとても辛いという人も多いのではないでしょうか。

 

月経自体が女性特有のものであり、月経自体も重い、軽いなど個人差があるのと同じ様にPMSの症状の重さも個人差があります。企業によっては生理休暇などを設けているところもあるのですが、なかなか理解してもらえないことも多いようです。

 

薬などを使って症状を和らげることも出来ますが、自分の月経の周期を把握することでPMSが出てくる時期などを予測することが出来るので、基礎体温をつけて自分のリズムを知りましょう。また月経前には女性ホルモンのバランスが崩れることによってビタミンやミネラルなどの栄養が不足することもPMSに関係しているので月経の周期に合わせて規則正しい生活週間やバランスの良い食事で必要な栄養素などを積極的に取り入れましょう。

 

PMSになりやすい時期

 

月経の周期によって女性は健康な身体を保っており、この周期の中に赤ちゃんを迎える状態である卵胞期、受精し妊娠することが出来る排卵期、受精した場合に着床しやすい状態の黄体期、受精をしなかった場合に起こる月経などがあります。この周期に欠かせないのが女性ホルモンである黄体ホルモンとエストロゲンなのですが、この2つのホルモンのバランスが崩れることによって身体には様々な不調が起こり、これをPMSと言います。

 

月経前の2週間の辺りで起こる身体の不調を月経前症候群といい、一般的にはPMSと呼ばれています。月経が始まってしまうと嘘の様に症状が軽くなることがほとんどで、月経前には黄体ホルモンの分泌が高まることで起こるのです。イライラや気分が沈む、むくみ、だるさなど月経前になると何らかの不調が起こる女性は少なくはありません。

 

ほとんどの場合いくつかの不調を感じることが多いので女性によっては、とても重かったりすることもあるでしょう。またPMSは普段の生活の中で悪化させてしまっていることもあります。不規則な生活週間やバランスの悪い食事、ストレスなどがホルモンバランスを崩す原因になっていることがあるからです。ホルモンバランスが乱れることで月経の周期も乱れ妊娠しにくくなってしまうのです。

 

基礎体温をつけることで自分の月経の周期を知ることができ、PMSが起こる時期なども把握することが出来るので体調不良などを予測することも可能になります。

 

PMSによくある症状

 

月経が始まっている女性の多くが月経の前になると様々な不調を感じます。月経前に起こる不調を月経前症候群、PMSと呼び、人によて症状や症状の重さは変わってくるのでなかなか周囲に理解してもらえずに、この時期は辛いという女性も多いのではないでしょうか。

 

不調には身体的なものと精神的なものがあり、身体的な場合は腰痛や頭痛、下腹部の痛みや乳房の張り、吹き出物などの肌トラブル、便秘や下痢、むくみや過食などが挙げられます。これらの症状はごく一般的な生理前のトラブルとして挙げられるものであり、一つではなく複数の症状が起こることが多いようです。精神的な不調の場合は倦怠感などが続き、何事にもやる気が起こらなかったり、ネガティブな感情が強くなり落ち込みやすくなってしまたったりします。人間関係などでも億劫になってしまうことあり、感情的になってしまうこともあり、知らないうちに周囲の人を傷つけてしまっていることもあります。

 

こういった症状が毎月一定の期間に現れる様であればPMSによって起こっている可能性が高いのです。また精神的な症状が悪化するとPMDDと呼ばれる月経前不快気分障害に繋がり、うつ病などを発症することもあるので症状の軽いうちに医師に相談し改善を図ることも必要なのではないでしょうか。PMSで挙げられる症状でわかっているだけでも数百があると言われており、月経のリズムに合わせて不調が起こる場合にはPMSと疑って治療を受けてみてはいかがでしょうか。

 

PMSになったらどうすればいい?

 

月経が始まっている女性なら誰にでも起こる可能性のある月経前症候群、PMSですが、実際に毎月月経の周期に合わせて辛い時期を過ごしている女性も多いでしょう。生理前の2週間がPMSが起こる時期でもあり実際には1ヶ月の半分に当たる期間なので、症状を改善してこの期間を出来るだけ楽に乗り切りたいものですね。PMSは医療機関で治療することができ、低用量ピルなどを使用することで劇的に改善されるのですが、症状が軽い場合や医療機関の受診や薬など抵抗がある場合には自分で症状を軽減することも出来るのではないでしょうか。

 

PMSの症状が出る生理前の2週間は女性ホルモンである黄体ホルモンの分泌が高まる為にホルモンのバランスが乱れてしまうことが関係しています。生理が始まると黄体ホルモンの代わりにエストロゲンの分泌が高まるのでバランスが整い、嘘のようにPMSの症状は和らいでいくのです。

 

またこれ以外にもホルモンバランスが崩れる理由はたくさんあります。まずはなんと言っても生活習慣の乱れや偏った食事でしょう。睡眠不足や栄養不足はホルモンのバランスを崩す理由の代表的なものであり、これらを意識して見直すことでPMSの症状を軽減することが出来ます。

 

またストレスなどもホルモンバランスに大きく影響するので、普段からあまり無理をせずに、少し頑張ったかな?と感じた場合はゆっくりと休息を取ることが大切です。お風呂などでリラックスすることでホルモンバランスを整えることも出来るので是非試してみましょう。

 

PMSより重いPMDDにならないために

 

女性の月経には様々なトラブがつきものです月経はもちろんのこと月経前や後にも様々な不調が起こることがあり、月経の時期になると憂鬱になるという女性も多いのではないでしょうか。中でも月経前に起こる月経前症候群は精神的にも辛いものがあり、この月経前症候群が悪化したものを月経前深い気分障害と言いPMDDと呼びます。

 

月経の前になるとイライラしたり、何においてもやる気がなくなってしまったり、中には落ち込みやすくネガティブなことばかり考えてしまったりする女性もいるのではないでしょうか。普段はなんともないのに月経前になると意味もなくこういった症状が現れてしまうことがあります。

 

月経前不快気分障害と言われるPMDDの場合は、こういった症状がさらに深刻なものとなり、うつ病などを発症することがあるので最悪の場合には自殺を考えてしまう人もいるほどなのです。月経前になると症状が現れ始め、PMDDに悩んでいる女性の多くは、精神的なコントロールが出来ずに周囲の人を傷つけてしまったりすることもあり非常に苦しいものとなるでしょう。

 

女性の月経に関する不調などははっきりと解明されていないものも多く、このPMDDもその一つです。ホルモンバランスが乱れてしまったり、栄養不足などが理由として挙げられるのですが月経前にしか症状が現れないので、不調を医療機関に相談にいくことも少なくいつのまにか悪化している例も少なくありません。月経の周期や症状のチェックなどで診断することが出来るので気になる場合には一度受診してみてはいかがでしょうか。

外為どっとコムを紹介